スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜は早寝

2008年11月29日 21:56

 昨日に続いて、今日もツーキン走のみ。22.85キロ。
 明日は、成田方面へ輪行遠征の予定あり。ただ、寝坊リタイアの可能性も存分にある。
 ともあれ、素早く眠らなくては。
 みなさま、どうぞ明日も素敵な自転車日和を !
 おやすみなさい。

 月間走行距離 2033.33キロ。

 今日の飲酒量、ビール 500缶 × 1 。
スポンサーサイト

40パーセントの問題

2008年11月28日 23:28

 ある説によれば、筋肉を組成しようとする体内活動の 40パーセントを、アルコールが阻害するそうだ。単純に捉え直せば、いくら自転車のトレーニングをしたところで、アルコールを摂れば、運動の 40パーセントが無駄骨に終わることになる。酒量次第なのだろうとは思うけれど、それにしても、40パーセントの損失は大きい。
 上述の説を紹介しているブログ主に倣えば、『アルコールやめますか、筋肉やめますか』というわけらしく、自分は〈 極力 〉飲酒量を減らすことにした。
 今後、大酒をしてしまったら、拙ブログに正直なところを記します。御笑読ください。

 今日の走行距離 53.97キロ。ツーキン走のみ。
 月間走行距離 2010.48キロ。

 以下は本日より計量開始。
 今日の飲酒量、ビール 500缶 × 1 。

懐かしい場所

2008年11月27日 11:50


三浦

 昨日。
 三浦半島を反時計回りに走ってきた。
 走行距離 182.09キロ。

 川崎・百合丘の住まい → 津久井道 → 鶴見川サイクリングロード → R246 → 境川サイクリングロード → R467 → 江ノ島 → R134 → 逗子 → 三崎港 → 城ヶ島 → 三浦海岸 → R134 → 久里浜 → 観音崎 → 横須賀 → R16 → 関内 → R15 → 川崎 → 多摩川サイクリングロード → 中野島 → 女子大通り → 津久井道 → 住まい

 城ヶ島で昼食。目当ての食事処で、マグロ丼を頼んだ。
 自転車に乗っているとき、わざわざ店に入って食事をすることは滅多にない。今回は特別。
 食事中、後ろめたさも感じたな。自分だけ美味しいものを食べ、自転車に乗って遊んでいる。 

 逗子には高校時代に属していた運動部の合宿所があり、横須賀には 20代半ばの頃に入り浸っていた。どちらも懐かしい場所だ。
 横須賀のビジネスホテルが好きだった。アメリカンサイズのバスタブやベッド、流暢な英語を操るフロントのおばちゃん。

 久里浜という場所から真っ先に連想してしまうのが、アルコール依存症治療施設。
 自転車に乗り始める前、毎夜、浴びるように酒を飲んでいた。いつか久里浜の施設送りになるんじゃないかと、秘かに怯えてもいた。
 今では酒の量もすっかり減った。自転車的な身体作りとアルコールは相容れないようだから、いっそ酒をやめてしまおうか。自転車が理由で非喫煙者になったように。
 
 関内に至った頃、すでに日暮れていた。国道はそこそこの混み具合で、クルマの流れは時速 35キロ前後。車道左端からわずかに右へ寄らせてもらい、クルマに挟まりながら走った。その方が安全だろうと判断したからだ。前走車の左折、対向車の右折、駐車車両をかわす際の後続車への合図等々、心から神経を遣い、ぐったり疲れた。

 
 明けて、今日。
 アサレン。住まい周辺の坂道を、小 1時間ほど回ってきた。
 走行距離 18.81キロ。

 雨降りなので、この後に控えているツーキンは電車。

 月間走行距離 1956.51キロ。

 写真は携帯電話にて。

タイヤ交換

2008年11月25日 23:27

 タイヤとチューブを交換した。

黄色

 前後輪が色違いというのは、ピストバイクに多いようだ。はたしてロードバイクには、そぐわしいのかどうか。少しばかり気になるところだけれど、まあいいや。遊び心も大切さ、そう思うことにしよう。


 アサレン。
 あざみ野界隈の住宅街を、ゆるく流す。
 距離 24.85キロ。

公孫樹


 夕刻以後、雨との天気予報だったから、ツーキンは電車。

 困ったことに脚がだるい。明日は峠に行くつもりではあるものの、ぐだぐだのペースになりそうだ。海沿いの平坦地をのんびり走ろうかな。
 
 月間走行距離 1755.61キロ。

 写真、携帯電話にて。

冬も曙

2008年11月24日 11:11


羽村の堰
 
 朝練。
 早起きをし、3時半に出走。 … 早起き、というのはおかしいかな。トイレに行きたくて目を覚ましたら、なんとなくそのまま走りはじめてしまった。
 川崎・百合丘の住まいより津久井道、女子大通り、府中街道を経て、多摩川原橋から多摩川サイクリングロード。ケイデンス 90練。まだまだ明ける気配のない夜空の底を上流方面へ向かう。前方、西の空にオリオン座が傾いている。ガキの頃、この星座の三ツ星を飽かず眺めていたものだ。そんなとき、自分の核となるようなものが生まれていたのだろう。いまになってみれば解る。
 羽村の堰で折り返し、東に進路をとる。夜闇がようやく群青に薄らぎはじめていた。地平付近には幽かな朱の気配もあった。美しい。冬も曙だ。枕を捨て、自転車を漕ごう。
 後、住まい近くの坂をうろちょろし、7時少し前に帰宅。
 走行距離 70.34キロ。

 現在 11時。午後から雨との予報。ツーキンは電車にしよう。

 日記を午前中に書き終えてしまった。なにかおかしいけれど、まあいいか。

 写真は携帯電話にて。夜明け前、羽村の堰。

 月間走行距離 1730.76キロ。

追い風の有無

2008年11月23日 19:48

 アサレン。約 10キロ。
 まずは寺尾台の緩い直坂へ。ケイデンス 150まで回して下り、上りは全力のダンシング。往復 400メートルのそれを 1セットだけ済ませ、生田スタジオ前の直坂へ移動。ここも 150回転を目安に下りきってから、折り返す。全力のダンシングで上りきるつもりが、スタジオ前で折れ、シッティングに移行。読売ランドを通過し、下りになってからは流しのペース。後、早々に帰宅。
 昨日同様、今朝のアサレンも慌しかった。早起きせねば。

 ツーキン走。空にモノレールの這う街まで。
 休日で混雑している多摩川サイクリングロードを避け、側道の多摩川通りを走った。アサレンが短かったから、往路はケイデンス 100練を兼ねた。追い風アシストはなかった ( はず ) 。 同じく多摩川通りを走った復路、今度はケイデンス 110練。追い風アシストが、はっきりとあった。

 今日の走行距離 56.71キロ。
 月間走行距離 1660.42キロ。

昨日、今日、明日も短距離

2008年11月22日 22:14

 ―― 昨日の日記 ――

 アサレン。
 百合丘の坂コースにてアップ。インナー × ロー、約 1.4キロ。
 寺尾台に移動。200メートルほどの緩い直坂を 5往復。ケイデンス 150まで回して下り、上りは全力のダンシング。このセット、もう少し距離の長い坂でやらなければ。
 後、多摩川原橋より多摩川サイクリングロード。是政橋までを、ケイデンス 90練。折り返し、多摩川原橋、多摩沿線道路と繋いだ復路は、ケイデンス 110練をした。追い風だったからと、ひっそり告白。
 ダウンは中野島の住宅街、女子大通り、津久井道。
 距離 27.34キロ。

 シゴト事情により、ツーキンは電車利用。


 ―― 今日の日記 ――

 30分だけアサレン。栗谷の坂コースを約 6キロ。下りはできる限りの高回転走を、上りは全力でのダンシングを心がけた。で、9時過ぎに慌しく帰宅。すぐさまバックパックを背負い、ツーキン走開始。鶴見川サイクリングロードなど。今日を通じた走行距離は、30.28キロ。


 月間走行距離 1603.71キロ。

馬の駈け巡る丘

2008年11月20日 23:25

 火曜のツーキン走時から、脚がずっとだるい。昨日は峠を上ったことだし、今朝はアサレンを休もう。そう思いつつの 8時、けっきょく出走。重たい脚をむりやり回す練習をすることにした。しかも、どうしてだか坂を上りたくて、まずは津久井道を新百合ヶ丘へ。そこからが丘陵コース。平尾中央通りに平尾外周通りを織り交ぜながら駒沢学園に至ると、折り返し。ただし、来た道をそのまま戻るのではなく、今度は高勝寺通りをたどった。この通り、1キロくらいと短いけれど、10パーセント前後、ときには、15パーセント超なんていう上り勾配がある。それを漕ぎ上がれば、再び平尾中央通り。後、千代ヶ丘方面に進み、読売ランド、細山と走り、帰宅。付記しておくならば、重たい脚は、むりやり回そうとしても回らず、坂ポタに始終した。距離、約 25キロ。
 今朝のコース中、読売ランド付近に七国峠と名づけられた場所がある。案内看板のようなものも立っていて、初めてそれを読んでみた。多摩丘陵に尾根筋の道が多いのは、放牧された馬を見張る必要があったからだとか。そういえば、多摩丘陵ではないけれど、相模湖方面には牧馬峠と名づけられたところもある。古の暮らしを伝える地名なのだろう。なんてことを考えていたら、丘陵地帯を駈け巡る馬たちが、アタマに湧いて出てきた。しばし妄想に耽り、3分後、我に返った。

 ツーキン走は、多摩川サイクリングロードや多摩沿線道路など。
 帰路、澄みきった夜気のせいなのか、川向こうに街灯りが美しい。
 冬が来る。

 今日の走行距離 55.22キロ。
 月間走行距離 1546.09キロ。

風張林道

2008年11月19日 19:54

 正午頃、風張峠最高地点に到着。いつもは奥多摩周遊道路を走ってゆくのだが、今回は風張林道を上った。
 周遊道路経由のときと同じく、道程の始まりは檜原村役場前。T字路の信号を右折してから約 9キロ、緩やかなアップダウンが続く。苦しめられるのは、残り 7キロほど。上り 10 ~ 15パーセント基調、そして 2度ほどだったかな、17パーセントなんていうところもあった。勾配数値は、ハンドルに取り付けた勾配計を目測したものだけれど、それほど不正確ではないと思う。
 初挑戦のルートだったので、脚をつかないことを目標に走り、それはクリアすることができた。となると、次回以後はタイム計測を目当てに走らなければならない。うわ、あの坂をまた上るのか。考えると気持ち悪くなってくる。でも、再訪したくなってくる。

 ダウンヒルは奥多摩湖側へ。眺望の素晴らしさは相変わらず。ただ、寒くて寒くて。ゆっくりを心がけたものの、ときには時速 50キロ超くらいになり、顔面が痺れた。たしか6度だった、峠最高地点の温度計が示していたのは。

 ダウンヒル1

 昨日の走行距離、アサレンとツーキン走で 85.45キロ。
 今日の走行距離、149.62キロ。
 月間走行距離、1490.87キロ。

 写真、携帯電話にて。ダウンヒルの途中に撮ったもの。

 追記。
 風張林道は、道に迷いやすいかも知れない。実際、今日も何度か誤ったコースに侵入してしまった。気をつけどころを、忘れないうちに記録しておこう。なにしろ、得意技は物覚えの悪さなのだ。 … 上述した緩やかな前半を終える頃、3差路が現れる。そこは真ん中を直進。すぐに 2差路に至り、左方へ進む。後、またもや 2差路となり、直進のイメージで左方へ。ここから先は、まいたけセンター方面を示す看板どおりに走る。やがて、センターを過ぎてからすぐのところを右に巻いていく感じで直進。この右巻き直進を間違えても、1分以内に行き止まる。

朝とアサ

2008年11月17日 23:37


朝焼け

 朝、ケイデンス 90練。
 出走、6時前くらい。川崎・百合丘の住まい ~ 多摩川サイクリングロード・睦橋間を往復。8時過ぎに帰宅。
 距離 58.93キロ。他、走行データは近頃の 90練時と大きな変動なし。人間の性能なんて簡単に変わるものじゃない、それは自覚している。ただ、ねばり強く反復していれば、いつか向上がもたらされると信じたい。とかいって、加齢とともに、どんどん身体が錆びていったりして。こわいなあ。いやだなあ。 

 今朝のような時間に出走できれば、辛うじて漢字の朝練をしたと言えるかな。いつもは出走時刻が 8時半前後とぬるくて、だから朝練もどき。ブログでの表記も、カタカナにてアサレンとしている。
 夜の明けきる前、サドルにまたがりながら、とても素敵な光景を見た。霧の幽かに流れる河川敷が、朝焼けに染められていた。早朝の眺めだと思った。アサではなく。

 ツーキン走は、多摩川サイクリングロード・浅川サイクリングロードなど。

 今日の走行距離 113.49キロ。
 月間走行距離 1255.8キロ。

 携帯電話による写真、午前6時の多摩沿線道路。

雨に晴着を接ぐ 

2008年11月16日 19:23

 昨日、自転車に乗ったのはツーキン走のみ。25.14キロ。
 
 今朝、起き抜けに窓外を覗くと雨。電車ツーキンにしよう。降りは弱かったものの、たいして迷わなかった。その後、もそもそ着がえているうち、はたと我に返る。己の居姿といえば、自転車ジャージに腕をくぐらせかけていた。下半身など、もはやレーパンを着衣済み。習慣の、げに恐ろしき。
 服装を仕切りなおし、シゴト着にて住まい発。なにか無理のあるような気がした。ビンディングシューズを履いていたからだった。それはウソ。
 
 シゴトは思いのほか進捗。帰路、気分良く文教堂に寄り、「ロードバイクの科学 ( ふじい のりあき / スキージャーナル株式会社 )」を購入。

 月間走行距離 1142.31キロ。

40歳、介護保険料納付開始

2008年11月14日 23:51

 朝、ケイデンス 90練。
 8時半、出走。川崎・百合丘の住まいより、まずは津久井道、女子大通りと進む。ほどなくして塚戸の交差点。ここをいつもならば左折して府中街道に乗り入れるのだが、今日は直進。住宅街を抜け、多摩沿線道路に至る。後、多摩川上流方面へ向かい、多摩川原橋からはサイクリングロード。多摩大橋まで走り、以後の復路は、往路の逆をたどった。10時半、帰宅。
 距離 47.54キロ。平均時速 27.3キロ。平均ケイデンス 80。最高心拍 176。平均心拍 139。消費 1043キロカロリー。

 ツーキン走は、多摩川サイクリングロード・浅川サイクリングロードなど。

 心拍計のデータを見ていたら、1週間ごとの運動消費エネルギーが記録されていた。そういう機能のあることに気づいていなかった。で、各週の数値を眺めてみたところ、これがけっこうおもしろい。
 今週 8876キロカロリー。
 1週間前 10150キロカロリー。
 2週間前 14705キロカロリー。
 3週間前 11963キロカロリー。
 4週間前 7881キロカロリー。
 5週間前 11612キロカロリー。
 どうりでお腹が空くわけだ。

 40歳になったのは、9月。すると先日、介護保険料を納めよとの通知が来た。
 実家をプチ・バリアフリー化した際には、費用の 9割を介護保険でカバーした。そんなこともあったから、納付に文句を言える筋合いはない。でも、心づもりがなかったので驚いた。月々の健康保険料が 1万円ほど上がってしまったよ。

 今日の走行距離 101.49キロ。
 月間走行距離 1117.17キロ。

大集団

2008年11月13日 23:32

 アサレン。
 津久井道、女子大通り、府中街道を経て、多摩川原橋より多摩川サイクリングロード。睦橋まで進み、折り返し。後、国立の行き止まりもどきに至ったとき、前方に物凄い人数からなる列車を発見した。どこまでもどこまでも続いているそれは、S 学園の学生たちで構成されており、彼ら彼女らはマラソン大会の真っ只中なのだった。とりあえず列車の最後尾についてみたところ、どうしてもスピードの遅さに堪えきれない。そこで、時速 20キロ以下という安全なペースを維持しつつ、集団内での順位を上げていく。いったい何十人を、いや、何百人をパスしていったことだろう。やがて、河川敷のゴールに吸い込まれてゆく学生たちを横目に、ようやく先頭にたったときには、是政橋の手前まで来ていた。そんなんだから、今朝の平均時速は 25.5キロ。学生さんたち、ありがとうだぜ。ぬるい結果に対する言いわけができた。
 その後、多摩川原橋で多摩サイを折れ、多摩沿線道路、中野島あたりの細道、女子大通り、津久井道とたどり帰宅。
 走行距離 57.60キロ。平均時速は上述のとおり。平均ケイデンス 75。最高心拍 173。平均心拍 133。消費 1232キロカロリー。

 近頃のアサレンは、多摩サイでのケイデンス 90練を主としている。それを目的に、今朝も出走した。
 
 ツーキン走は、再び多摩川サイクリングロードなど。
 帰路は多摩沿線道路を、ケイデンス 94・時速 35キロ前後で走った。晩秋の夜とはいえ、それなりに汗をかいた。

 日中、とても良い天気だった。もう少し早く、シゴト休みの昨日に、なぜ今日のような天気が訪れないのだろう。日頃の行い? とても悪い。

 今日の走行距離 84.24キロ。
 月間走行距離 1015.68キロ。

和田峠、2度目のタイム計測走

2008年11月12日 15:48

石碑

 和田峠タイム計測走、18分 27秒 ( 距離 3.6キロ )。初めて上ったひと月ほど前より 30秒縮まったが、これを進歩と見るか否か。とにかく、次回の目標は 17分台。
 参考 http://wada-climb.s184.xrea.com/ranking.php?hill=1&year=all&type=99

 峠を上りきり、空の様子を眺めてみた。山梨側がとりわけ暗い。弱くはあるけれども、雨も降りだしていた。少しだけ迷い、結論した。帰ろう。八王子側に折り返した。
 13時過ぎには帰宅。往路復路とも、どこか集中力を欠いていたから、早めの撤収も良しとしよう。

 今日の走行距離 101.77キロ。
 月間走行距離 931.44キロ。

 写真、携帯電話にて。

テーブルの 1冊

2008年11月11日 23:25

 アサレン。
 津久井道、女子大通り、府中街道を経て、多摩川原橋より多摩川サイクリングロード。国立の行き止まりもどきで折り返し、狛江ダートまで。後、再度上流へ向かい多摩川原橋に至ると、そこからは多摩沿線道路といったっけ、多摩サイ右岸側道を中野島に向けて走り抜け、住宅街の細道、女子大通り、津久井道とたどり百合丘の住まい着。
 距離 42.93キロ。平均時速 27.6キロ。平均ケイデンス 80。最高心拍 176。平均心拍 141。消費 1056キロカロリー。
 帰宅後、すぐにプロテインとクエン酸を摂取。これをやると自転車的な気分が盛り上がる。

 夕方から雨という予報だったから、ツーキンは電車にした。
 23時現在、雨は降っていない。しくじった。

 シゴト先の休憩テーブルに、本があった。Tさんのかな、読書好きだし。そう思いつつ手にすると、短篇集だった。適当にあたりをつけ、「バスに乗って」という 1篇を読み始めた。しだいに惹き込まれ、最後にはページから顔が上げられなくなりそうだった。号泣した、とはあくまで心情的にだけれど、沁みる作品だった。
 文教堂に立ち寄ったシゴト帰り、上述の書を購入。 『小学五年生( 重松清 / 文藝春秋 )』
 
 月間走行距離 829.67キロ。

師匠復活

2008年11月10日 23:40

 アサレン。
 住まい周辺・百合丘の坂道を巡ってから新百合ヶ丘へ。そのまま平尾方向に進み、鶴川街道に至る。後、向陽台まで走り、尾根幹を少しだけ下れば、再び鶴川街道。稲城大橋方面に左折するか、直進するかで迷ったが、直進して矢野口から府中街道、女子大通り、津久井道とたどり帰宅。約 23キロ。

 ツーキン走は、多摩川サイクリングロード・浅川サイクリングロードなど。
 帰路、ここ数日における筋肉の超回復が来ていたようだ。サイクリングロード区間約 18キロを、状況の許す限り 94回転・時速 34キロあたりで漕ぐことができた。ひとにとっては楽勝ペースなのだろうけれど、自分としては上出来。平坦路で、ひとの前を走れる気がしない。じゃあ、坂なら先行できるのかと言われれば、ううう。

 明後日の水曜日は、シゴト休み。ところが、雨の予報。お空もしくしく、おやぢもしくしく。えーん。

 Kちゃんが自転車に戻ってきた。来年は、富士や乗鞍、筑波等々、とにかくたくさん挑戦しようぜと、電話での会話が盛り上がった。
 学生時代、本格的に自転車をやっていた Kちゃんだ。こちらは、自転車 2年生になったばかり。いろいろ教えてもらおう。

 昨日の走行距離、ツーキン走のみ 40,70キロ。 
 今日の走行距離 77.41キロ。
 月間走行距離 786.74キロ。

ぎりぎり夜練

2008年11月08日 23:28

 朝、少雨ではあったけれど、雨粒がしっかり糸を引いていた。練習走なし。ツーキンも電車にした。すると、シゴト先に到着した正午頃、雨の降りやみ。まあ、そんなものか。たいがいの場合、天気は自分に嫌がらせをする。幸福をもたらすことなど、ひたすら気まぐれ。

 シゴトを終え、21時半に帰宅。すぐにでも今日を打ち上げるビールを飲みたかった。飲んでしまおうかと思った。が、どうにかこうにか誘惑を振り切り、夜練へ。住まい周辺の坂道を百合丘、寺尾台、生田スタジオ前と上り下りし、最後は女子大通りを全力で上った。とにかく全力で漕いで、漕いで、漕いで、漕いだ。なにしろ、家ではビールが待っている。

 今日の走行距離、夜練のみ 12.99キロ。
 月間走行距離 668.63キロ。

つれづれ … 

2008年11月07日 23:23

 あれやこれや ―― 。

 引用。 『 funride では自転車イベントを企画・運営しています。富士チャレンジ 200、Mt.FUJI ヒルクライムなどエントリー開始後、すぐに締め切りとなってしまうこれらの人気イベントに、定期購読者のみの優先エントリー枠をご用意。ぜひご利用ください 』 … ということなので利用することにした。近日中に、funride誌の定期購読を申し込もう。

 これもまた引用。 『 仕事ではないのだから、趣味は難しくなければならない 』 … いつだったか、テレビで外国人の釣り愛好家が語っていた。
 裏を返せば、仕事は出来て当たり前ということなのだろう。そうありたいものだし、趣味についての言及にも頷かされる。

 毎月、走行距離が 1000キロ前後の頃、身体がへろへろに墜ちる。ところが、その間数日を過ぎると、一気に楽になる。体内のどういうシステムによるものなんだろう。

 ツーキン走用にバックパックと輪行バッグを、新しくした。バックパックはドイター製、容量 18+4L のもの。輪行バッグは、自転車の前輪を外すだけで収納できるものを選んだ。日々、輪行バッグとともにツーキン走をしているのは、自走できなくなるほどのトラブルに遭ったときのため。けれども、いままで携行していたやつは、前後輪ともに外さなければ自転車を納められないタイプ。緊急性に不安を感じていた。

 昨日の走行距離、ツーキン走 36.94キロ。
 今日の走行距離、実家走 82.41キロ。
 月間走行距離 655.64キロ。

柳チャレ 200

2008年11月05日 20:41

柳沢峠

 柳沢峠に行ってきた。 

 道程、往路。
 川崎・百合丘の住まい → 津久井道 → 女子大通り → 府中街道 → 多摩川原橋より多摩川サイクリングロードを羽村まで → 奥多摩街道 → R411 → 奥多摩湖 → R411( 大菩薩ライン ) → 柳沢峠
 復路は、往路のなぞり返し。

 たいがいの場合、山へ向かうときこそ、気持ちがトレーニングモードに入る。ところが、まるで脚に力の入らない今日だった。体育会的だったのは気分だけ。よろぼいつつ、帰宅。へろんへろん。

 山は、紅葉が進んでいた。
 よく晴れた空の下、陽射しに透かされた黄や赤が、路面に流れているようだった。そして、はからずも新しいバーテープが紅葉カラーだと気づいた。

紅葉

 今日の走行距離 200.97キロ。 
 月間走行距離 536.29キロ。

 写真、携帯電話にて。

得意技はネジの締め過ぎ

2008年11月04日 23:40

 1週間ほど前、ブレーキワイヤーとシフトワイヤーを交換した。
 その後、初期伸びが来ないなと思っていたら、今朝になってリアの変速がもどかしくなった。
 メカ系に関しては、ネジを締め過ぎたりとか、ついつい度を越してしまいがちな傾向にある。だから、リア・シフトワイヤーの伸びも、張り過ぎに注意して調整した。

 アサレン、約 30キロ。
 住まい周辺を、百合丘、寺尾台、生田スタジオ前、千代ヶ丘とたどり、その後は新百合ヶ丘から あざみ野、さらに たまプラーザまで走ってから帰宅。
 
 ツーキン走は鶴見川サイクリングロードなど、約 20キロ。

 今日の走行距離 52.86キロ。
 月間走行距離 335.32キロ。

冬服をおろしてみれば …

2008年11月03日 23:30

 今日、自転車に乗ったのはツーキン走のみ。55.03キロ。
 この秋初めて、長袖ジャージにロング丈のレーパンで走ってみた。すると、途中から暑くなり過ぎた。
 明日からは、これまでの格好 ―― 半袖ジャージと太腿丈のレーパン、レッグウォーマーおよびアームウォーマー、そして袖の着脱ができるウインドブレーカーにウエアを戻そう。

 明日は練習走をする、つもり。
 練習について、短期・長期の両面から、きちんとしたプログラムを作らなければ。

 月間走行距離 282.46キロ。

松チャレ 200

2008年11月02日 20:09


松姫

 正午、松姫峠を上りきった。眺望に目をやると、山の連なりが光景の奥深くまで続いていた。とりわけ大きかったのは富士山で、意外なほど近くに見えた。必然、今日行われている 富士チャレンジ 200 について考えた。きついんだろうな。でも、来年は自分も出走したい。
 
 道程。
 川崎・百合丘の住まい → 津久井道 → 女子大通り → 府中街道 → 多摩川原橋より多摩川サイクリングロードを羽村まで → 奥多摩街道 → R411 → 奥多摩湖 → R139 → 松姫峠 → 猿橋、以後 R20 → 上野原 → 相模湖 → 大垂水峠 → 高尾 → 浅川サイクリングロードを四谷橋まで → 多摩川サイクリングロードを多摩川原橋まで → 府中街道 → 女子大通り → 津久井道 → 帰宅

 帰路、浅川サイクリングロードで、なんとなく後方を振り向いた。昼間と同じく、目を奪われたのは富士山だった。夕焼けのなか、シルエットになっていた。自転車をとめ、しばらく見惚れてしまった。

 ポラールの心拍計によれば、今日の運動消費エネルギーは 5109キロカロリー。
 道中、補給できたのは 3000キロカロリーほど。消費と摂取のバランスが全然とれなかった。ひと粒 1000キロカロリーのチョコレートとか、ないかな。

 近頃、自転車を漕いでいるときにイメージしているのはスティーブガッドのドラム。あのシャキシャキしたリズムを、脚の回転にリンクさせられないかと思っている。

奥多摩湖

 今日の走行距離 202.90キロ。
 昨日の走行距離 24.53キロ。ツーキン走のみ。
 月間走行距離 227.43キロ。

 写真、携帯電話にて。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。