スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風と休養

2009年08月31日 21:59

 昨日、30日( 日 )
 午前中のみ、シゴト。東京都下・競馬場のある街へ自転車ツーキン。
 復路、某自転車店に寄る。バーストしたアルトレモについて、対応を訊くため。結果、良品取り寄せの後、交換ということに。雨に降られつつ、帰宅。
 走行距離、34.82キロ。

 今日、31日( 月 )
 自転車的な疲労感有り。折柄、台風。シゴトも休みだし、ひたすら休養。だらだらしつつ、暴飲暴食。ビール、美味しゅうございました。お寿司、美味しゅうございました。
 明日から 9月。次のレース、日産バイクナビ( 5時間エンデューロ )富士チャレンジ 200に向け、身体作りをしていこう。

 8月の走行距離 1928.07キロ。

 9月の練習プラン。
 月曜日 / アサレン … 平坦スプリント練、登坂スプリント練 / ツーキン回復走
 火曜日 / ツーキン練習走 … 往路・メディオ、復路・メディオとソリア
 水曜日 / ツーキン回復走
 木曜日 / 高強度練( 合同朝練 )/ ツーキン回復走
 金曜日 / ツーキン回復走
 土曜日 / 峠練
 日曜日 / 峠練( 半日 )、もしくは、大井埠頭練にも参加したい。それらいずれかの後、ツーキン回復走。



スポンサーサイト

鶴亀猿さんと、130拍、100キロ練

2009年08月29日 14:51

 半原越えピーク

 8時、多摩川原橋集合。鶴亀猿さんと宮ヶ瀬湖、半原越えへ。
 練習テーマは、心拍 130の維持。地味練だが、今後、身体作りをしていくうえでのヒントになった。なにせ、いつもは高強度命、高心拍上等みたいなところがある。破壊的喜びには浸れるのだけれど、着実に身体作りをしているという感触に乏しかった。
 もちろん、登坂時には心拍も上がり気味になる。だから、130のリミッターを解除、150あたりをキープ。で、半原越えのときは、160弱くらいが安定値。
 道中、互いの心拍を頻繁に確かめ合うのも新鮮だった。ローテーションをしつつ、
 ―― オレ、いま 138
 ―― おっと、こっちは 147
 とか、やっていた。
 半原越えの峠道も横並びで走りながら、心拍についてあれこれと会話。ただし、先述したとおり、このときの心拍は 160弱。おしゃべりできる、ぎりぎりの強度だったかな。
 再び多摩川原橋に戻ってきたのが 12時半頃。そのまま多摩沿線道路を小刻みにローテーションしながら、中野島付近まで走り、解散。
 充実感のある練習ができた。鶴亀猿さん、今日みたいな練習も、週 1( せめて 10日に 1度 )くらいでできるといいですね。ぜひ !
 走行距離、101.59キロ。

 月間走行距離 1893.25キロ。

 写真、携帯電話にて。半原越えピーク。


江ノ島、三浦

2009年08月28日 17:18

 海

 日中、ひたすら快晴。
 久しぶりの海へ。

 川崎・百合丘の住まい → 津久井道 → 町田街道 → R246 → 境川サイクリングロード → R467 → 江ノ島 → R134 → 逗子 → 久里浜 → 横須賀 → R16 → 関内 → R1 → 川崎 → 多摩川サイクリングロード → 中野島 → 女子大通り → 津久井道 → 住まい

 昨日、山中湖行きをしたとはいえ、それなりに負荷をかけるつもりだった。が、まるで脚に力が入らない。ほぼ全道程、心拍 120 ~ 130といった LSDペース。 … トレーニングになっていない、初めはそんなもどかしさがありもした。けれど、海岸道路を走っていれば、しだいに気分良好。手垢にまみれた表現を記すなら、潮風に胸をくすぐられてきたといった感じ。
 
 個人的な夏休みは明日まで。なぜだか泳いでおきたい気分。

 今日の走行距離 149.11キロ。

 月間走行距離 1791.66キロ。

 写真、携帯電話にて。


ちょっとだけ合同朝練、後、山中湖、後、あるとれーも !

2009年08月27日 19:08

 富士山

 今朝、川崎・百合丘の住まいを出走したのは、6時 50分。合同朝練の集合ルールは、川崎街道・矢野口交差点に 7時。まにあわないと判断し、途中合流を試みることに。で、津久井道、鎌倉街道と急ぐ。多摩東公園交差点から尾根幹に入る。すると間もなく、
 ―― カズさん !
 背後から うひょくんに声をかけられた。やった、会えたぜ。というか、うわ、こわいお兄さんたち来ちゃった、というか。 … 今日の朝練ジャーズは、Team WASA から前述の うひょくん、ハルキくん、Boot-leg から 鶴亀猿さん中学生チャンプ・ヤンくんだった。えーん、こわいよう。
 朝練ジャーズに合流したとたん、心拍は 176超のダッシュ域となり、それが南大沢立体下で離脱するまで続いた。おもくそ、へろへろ。

 離脱後は、山中湖へ。ひとり練。
 道志みちを淡々とメディオ走。山伏峠はさすがに心拍が上がり、ソリア域に。湖畔 1周は、快晴の空の下、サイクリングペース。
 復路は下り基調なので、快調。山中湖から三ヶ木の交差点まで 1時間半弱、到着時刻も 13時半前。50キロほどの道のりだから、そんなものか。
 早く帰れそうだ。そう思いきや ―― 。
 尾根幹まで至ったとき、前輪に違和感を覚えた。パンクかと思い、停止。タイヤに触ってみたところ、異常無し。はて? 気のせいかと安心した直後、気づいた。タイヤの 1ヶ所が、半球のピンポン玉大に膨れている。ひええ、なにこれー。顔を近づけて凝視したら、すんげえ破裂音とともにタイヤがバースト。同時にアイウェアのレンズが、ばちこーんと撥ねあがる。左目の使い捨てコンタクトは、すっ飛んだ。
 幸い、付近には自転車店・BP があり、タイヤを購入。店先を借り、タイヤとチューブを交換し、事無きを得た。
 えーとですね、あれです、バーストしたタイヤは Schwalbe Ultremo R 。そう遠くない過日、リコール対象となったやつ。オレは 2週間くらい前、自己判断で購入した。店に並んでいるわけだし、リコール製品とはロット違いなんだろ。勝手に判断した。そしたら、みごとにリコール製品だったというわけ。なお、馴染みの Cショップ購入ではありません。それは明記しておきます。
 さて、話には続きがある。
 BP を後にし、矢野口まで来たとき、ふと考えた。前輪が逝ったよな。ということは、後輪もヤバイのでは? 赤信号停止時、恐る恐るリアのタイヤを見た。瞬間、オレはムンクの叫び顔。いやあああああ ! こぶがああ、こぶがああ、タイヤにこぶがあああ !
 すぐさま、タイヤの空気を抜き、付近の自転車店・AF に駈け込んだ。そして、またもやタイヤ購入、店先を借り、交換作業。

 BP の店長から聞いた話。
 リコールとなった Schwalbe Ultremo R 、現在、良心的なショップでは改善品しか売られていないはずだとか。そうなるまでにショップとメーカーでどのようなやりとりがあったのか、経緯についても教えてもらった。

 最近、走行力以外の妙なところで、経験値が上がっているように思う。換言すれば、アホな経験ばかりを積み重ねている。それも自転車の楽しみかな。強がり。
 明日は、いったいなにがある? どうか、なにごともありませんように。

 走行距離 179.17キロ。

 昨日の走行距離、35.92キロ。下高井戸方面へのツーキン走のみ。

 月間走行距離 1642.55キロ。

 携帯電話による写真、山中湖。


少しでも、いい

2009年08月25日 16:52

 昨日。
 自転車に乗ったのは、ツーキン走のみ。川崎・百合丘の住まいと東京西方の街を往復。
 21時過ぎ、雨の降り出しとともに復路スタート。強雨になったり微雨になったり、なんともまだらな雨だったが、住まい到着寸前にやんだ。
 走行距離、54.16キロ。
 
 今日。
 6時、起床。山中湖に行くつもりだったのだけれど、妙に身体が重い。で、再び眠る。
 次に起きたのは、10時。なーんか身体がおかしいんだよなと思いつつ、朝食。8枚切りトーストを 4枚。味付けはブルーベリージャム、飲み物は CCレモン。
 雛鶴峠を目指すことにし、11時出走。直後、体調が普通ではないと悟る。ただ、それでも尾根幹は、どうにかなった。競輪学校のピストさんに刺激され、ムキになって漕いだ。遠ざかるピストさんの背中に少しでも近づこうと、ペダルを踏んだ。が、町田街道でひとりになったとたん、ぐだぐだ。その後の大垂水峠も、ひらひら。コンパクトクランクのアウター × ローで上れない。こりゃ、だめだ。帰ろう。
 けっきょく雛鶴峠は遥か遠く、大垂水峠を相模湖側に下った時点で、折り返し。往路をたどり直しながら、帰宅。身体の芯からくたびれている感じ。でも、わずかながら山に行けたから、気分はいい。
 走行距離、97.43キロ。

 近頃、朝晩のそれだけではなく、真昼に吹く風も秋めいている。夕暮れも早くなったし、夜になれば、借景の庭から虫の音が高らかだ。

 月間走行距離 1427.46キロ。



山伏峠、後、秩父さくら湖

2009年08月23日 23:09

 さくら湖

 LSD、秩父さくら湖へ。
 
 平均心拍 122
 平均時速 24.5キロ
 平均ケイデンス 81
 走行距離 200.06キロ
 消費エネルギー 3438キロカロリー
 
 かなりゆるいペースで、Long Slow Distance を満喫してきたという感じ。
 ただ、今後のエンデューロ系レースをふまえ、コンビニ・ピットインは少なめにした。往復路とも 2回ずつ。そこで補給したのは 1200キロカロリー。レアチーズどら焼き、マンゴークリームパン、梅おにぎり × 3。
 気温が低かったので、水は 2リットルで足りた。

 これからは、補給食をすべてバックポケットに忍ばせ、走る。そんな長距離練もしていこう。コンビニ・ピットインは、水の買い足しとトイレ利用のみ。

 写真、携帯電話にて。秩父さくら湖。

 昨日はツーキン走のみ、走行距離 57.08キロ。

 月間走行距離 1275.87キロ。



どうにかこうにか …

2009年08月22日 13:28

 日の出町オレ

 昨日。
 シゴト山岳、第 2ステージ登頂。残るはダウンヒルを慎重にといった感じ。オレの場合、下りは特に気をつけなければ ―― 。
 
 今日は、これからツーキン。晩に雨とかいう予報も出ているみたいだが、知らなかったことにして、自転車で出かけよう。

 以下、早朝シュッキンを続けていた過日のこと。

 17日、月曜日。
 レース翌日だったため、電車ツーキン。中野界隈へ。

 18日、火曜日。
 自転車ツーキン、東京西方の街へ。往復路とも 5キロで脚が終わり、ふーらふら。
 走行距離、51.88キロ。

 19日、水曜日。
 自転車ツーキン、下高井戸方面へ。午後の早い時間にシゴトをはね、後、多摩川サイクリングロードをゆるゆる走。
 走行距離、53.99キロ。

 20日、木曜日。
 シゴト先があまりに近すぎた。自転車で行ったとしても、川崎・百合丘の住まいから 5分くらいで到着してしまう。蛇の生殺しにいやいやしつつ、ツーキンには電車を使った。

 21日、金曜日。
 自転車ツーキン、東京西方の街へ。
 シゴト的に疲労困憊、いよいよリタイアかとも思ったが、どうにか 1日を終えた。そして、このブログ冒頭に続くというわけ。
 現金なもので、シゴト終了後、にょきっと復活。東京西方の街 - 北野街道 - 聖蹟桜ヶ丘の区間でアベレージを計ってみることに。結果、時速 28.0キロ平均。復活とか記したわりに、遅いな。赤信号ストップがあるにせよ、いつの日か、時速30キロ平均をオーバーしたい。 
 走行距離、53.68キロ。

 月間走行距離 1018.73キロ。

 明日のアンカーフェスティバル、快走 Boot-leg !

 写真、自分をインターネット上から拾ってきたもの。




東京HC・成木ステージ

2009年08月16日 19:26

 成木3


 東京HC・成木ステージ、結果。
 タイム、18分 44秒 / 距離約 4.5キロ。
 男子総合 55位 / 320人。
 年代別( 当方、もうすぐ 41歳 ) 8位 / 出走者数、不明。8人だったらどうしよう。

 いいところがなかった。精進せねば。 … いよいよ年齢との闘いも始まるといった感じだが、あんちえいじんぐ だぜ。

 予選と本選との合間や、本戦後、何人もの一流選手たちを見た。プロ、もしくは、プロ級の選手たちだ。確かにあった、オーラの輝き。

 レース会場への往路は、単独走。
 復路は、ともに Boot-leg の 鶴亀猿さん、しばぞーさんと一緒。3人で、おしゃべりしながら走っていれば、レース後の疲れもさほど感じなかった。

 先日、下りで落車をした。
 後遺症は身体よりも、メンタル面にあるようだ。ダウンヒルが怖い。
 もとより、下りは嫌いじゃない。というか、好きなのだ。少しずつ、慣らし直していこう。

 明日から 1週間、シゴト山岳。それを乗り越えたなら、数日の休み。

 走行距離、129.52キロ。 
 
 月間走行距離、859.18キロ。

 写真、携帯電話にて。

 付記。
 昨日、おとといは自転車的休養日。レース前だったので。
 自転車に乗ったのは、昨日の早朝に 8.08キロだけ。
 両日とも、電車でツーキンした。

 

ガードレールでサーカス

2009年08月13日 19:29

 今朝、合同朝練の集合場所に、顔を出そうと思っていた。そうしてから、山へ行くつもりだった。けれど、面目ないことに寝坊。直接、山を目指した。

 山地帯は、檜原街道より甲武トンネル、鶴峠、奥多摩湖、風張峠を走行。帰路は、再び檜原街道。

 落者

 檜原街道の下りは慣れているはずなのだが、落車。甲武トンネルへの分岐付近で、ガードレールに左半身から突っ込む。時速 40キロくらいだったと思う。
 激突直後、腹を支点にし、ガードレール上でスーパーマン・ポーズのオレ。頭、崖側。脚、道路側。
 … お、落ちる。身体が、道路とは反対側に傾きはじめた。4メートルほど下に、岩のゴツゴツした沢が見える。
 … う、う、落ちる、落ちるぞ。
 でも、落ちれば骨の 2・3本は折れそうだ。それ、いや ! もーのすごく、いや !
 とにかく脚側に重心を持っていき、どうにか道路側に着地した。正直、しばらく脚が震えていた。
 ブレーキのタイミング、コーナーへの進入角度、スピード等々、何が原因でしくじったのか分からない。となれば、自身の下り方について、ブラッシュアップするしかないのだろう。そして、油断とビビリ、どちらに対しても気を引き締めよう。
 チームジャージをダメにしてしまった。再注文しなければ。redboot さんには迷惑をかけます。ごめんなさい。

 走行距離 170.18キロ。

 月間走行距離 721.58キロ。

 写真、携帯電話にて。


東京HC・成木ステージ、試走

2009年08月12日 18:31

 東京HC・成木ステージの試走へ。
 雨続きで、コース上は苔が多く、水の流れ出しているところもあった。苔は上り下りとも、水は下りで脅威となる。ただ、運営や地元ボランティアの方々が、日々、コース整備をしてくれている。頭が下がる。
 苔具合を勘案し、今日はダンシングを控えた。オールシッティング、回転系の上りを試すことに。道中、イメージしていたのは、しばぞーさんの登坂スタイル。
 タイム、19分 15秒前後( レース時の正確な計測区間が分からぬ故、タイム表記も曖昧 )。
 心拍は、終始 176 ~ 177。これは、ソリア域を数拍オーバーしている数値。本番時は、もう少し上、181拍あたりを目安にするつもり。

 後、小沢トンネルを越え、天目指峠、正丸峠、山伏峠と走る。
 天目峠はインナーで、正丸峠はアウターでの登坂練。峠間の標高関係により、山伏峠は下っただけ。

 さらに後、帰路も小沢トンネルを経由。往路をたどり直しつつ、川崎・百合丘の住まいに帰宅。
 走行距離、146.10キロ。

 山には、2週間ぶり以上で訪れた。
 稜線に縁取られた青空が、眩しかったな。
 明日も山へ。行かせておくんなまし。

 
 昨日。
 ツーキン走。行き先は、モノレールの走る街。
 往路のことを、妖怪雨降らし2号として記さずにはいられない。雨が、住まい周辺にだけ降っていた。いったいオレが何をした。心当たりだらけかも。
 走行距離、39.36キロ。

 月間走行距離 551.4キロ。

 写真、携帯電話にて。
 去年の東京HC・成木ステージ、ゴール地点。天気、雨と霧。 
 
 去年成木
 
 

エアロバイク、後、実走

2009年08月10日 18:30

 自分撮り

 朝から強雨。
 風張林道に行きたかったが、生きて下れそうもない。先般、牧馬峠のダウンヒルで、側壁に突っ込んだばかりだし。
 天気予報によれば、雨は明日まで降り続くようだ。
 しかたない、山行きはあきらめよう。
 ならば、平地で雨練か? それもダメだな。濡れた路面では、満足な強度を出し切れない。たかが知れている我が貧脚とはいえ、16日には東京HC・成木ステージがある。今日は負荷をかけ、追い込みをしておきたかった。
 逡巡の後、9時、区のスポーツ施設へ。エアロバイクを 80分( メディオ 15分 × 4 / ソリア 10分 × 2 )。これが、かなりきつかった。風景は動かないし、風は来ないし。心の拠りどころは、アイポッドから流れる音楽だけ。サンボーンやクルセーダーズあたりの 80年代クロスオーバーに、ひたすら没頭しようとした。が、没頭できず、携帯電話で自分撮りをしたり。なんというか、エアロバイクはきつくてヒマ、ヒマなのにきつい、そんな感じだった。けっこう燃えた、というか、萌えた気分もあったけど。
 
 11時、新百合ヶ丘で買い物。高千穂遙氏の著作 『 ヒルクライマー( 小学館 )』 も購入。早速、タリーズで読み始めたところ、やばいわこれ。どんなジャンルの本にせよ、手に入れたその日に読了してしまいそうなのは久しぶり。

 午後遅く、雨はやんだ。アメッシュを確認したところ、しばらく降り始めそうもない。すかさず、出走。ご近所周回を 1周回。基本はメディオだったが、ときにそれを下回り、はたまたソリアになったりとドタバタ。オプションは日本女子大裏の 15パーセント坂、5本。
 走行距離、25.94キロ。

 月間走行距離 366.03キロ。


眠りすぎ …

2009年08月09日 19:49

 アメフラシ

 うっ、起きたら正午。
 二度寝して、次に目覚めたのは 14時。きゃああ !
 
 山行きをあきらめ、15時に出走。ご近所練へ。
 川崎・百合丘の住まい → 津久井道 → 女子大通り → 府中( 川崎 )街道 → 連光寺坂 → 関戸橋 → 多摩川サイクリングロード側道、国立の行き止まりもどきで折り返し → 記念館通り → 天国の階段 → 若葉台周回 → 平尾中央( 天神 )通り → 七国峠 → よみうりランド外周 → 女子大通り → 津久井道 → 帰宅
 平坦路ではソリア上限の維持を、登坂時にはダッシュ域の心拍 180オーバーを目標にした。短い上りでも一気に回せば、心拍はダッシュ域に達する。けれど、それをやると自分の場合は非常に苦しく、いままでサボリがちだった。

 途中、府中・四谷のワイズに寄った。すると、 PINARELLO PARIS FP CARBON( フレーム ) が 35万くらいで、売られていた。10万円ほどの値引きだ。哀れ、我がバカ脳。理性方面が宇宙の彼方にすっ飛び、購入を決意。財布からカードを取り出し、そうになった。あぶねえ。

 走行距離、41.71キロ。

 月間走行距離 340.09キロ。

 携帯電話による写真、若葉台にて。今日も飽きずに、雨雲が現れた。
 
 脳内メーカー。あたしゃ、全力でばかばかしいことをするのが大好きです。

 明日こそ、山へ行こう。

 
自転車脳内メーカー

 
 



日々のこと

2009年08月08日 19:46

 ようやく越えたぜ、シゴト山岳。
 毎日が激坂、というか、壁みたいだった。ま、終わっちまえば、楽勝仮面 ! それはうそーー ! 
 いま、屍。
 日々、自転車に乗ったのはツーキン走のみ。6時半出走 - 22半帰宅、それを繰り返した。
 途中、電車ツーキンの日もあったけれど、タイムテーブルは変わらず。
 変わってたかも。今日だけは、18時に帰宅した。
 んでよお、明日から 2連休。今日のシゴトをはねた後、
 ―― プチ・シゴト納めじゃん
 気分よく帰路につこうとしたら、雨。
 オレ、あれなのな。妖怪雨降らし。
 胸を張って言ってやる。オレ、妖怪雨降らし!

 1日、土曜日。走行距離、53.53キロ。
 東京西方の街へ。往路・メディオ、復路・メディオ ~ ソリア中域。このペースは、同所を訪れる際の、いつものパターン。復路に登坂コースを織り交ぜるのも定番。連光寺、若葉台、千代ヶ丘あたりを経由しつつ、川崎・百合丘の住まいを目指すことにしている。

 2日、日曜日。
 終日、雨。練習しようかどうしようか迷っているうち、とうとう自転車には乗らなかった。
 チームのみんなは、成木や大井埠頭を走っていた。頭が下がる。

 3日、月曜日。走行距離、51.82キロ。
 東京西方の街へ。

 4日、火曜日。
 電車ツーキン。中野区内がシゴト先。
 界隈には、アルバイトでコンビニ弁当を配送していたことがある。たいがい毎日、早朝から夕刻まで 2tトラックを運転、ローソン巡り。20代後半、プータロー時代のことを、懐かしく思いだした。
 基本的には、いまでもプータローなんだけど。風太郎という字を当てると、安心するかな。

 5日、水曜日。走行距離、51.84キロ。
 東京西方の街へ。

 6日、木曜日。走行距離、41.90キロ。
 西荻窪近辺へ。
 往復路とも環八利用。左車線は、クルマが 時速 40キロ台前半で走っていた。それに乗ってしまったから、楽だったとは思う。ただ、見た目にクルマの数が多過ぎる。次回があったら、裏道で行こう。

 7日、金曜日。走行距離、51.41キロ。
 東京西方の街へ。
 シゴト中の昼過ぎ、雹。10分でやみ、青空。
 夜になり、今度は雨。濡れつつ、帰宅。

 8日、つまりは今日。冒頭に触れたとおりの感じでもあった。
 シゴト先は、モノレールの走る街。
 往路、多摩川サイクリングロード側道にてクルマと連結。適度な距離を保ちつつ、ドラフティングに授かる。時速 40キロ台前半で心地よく走っていたら、やがて時速 45キロに達する頃、千切れた。むむう、楽勝で 時速 50キロ台の中学生チャンプ・ヤンくん、凄え。
 走行距離、47.88キロ。

 月間走行距離 298.38キロ。

 明日は、風張林道へ行くつもり。
 ファンライド、ファンタンゴ、へらへら楽しく !

 



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。