スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついつい、ポチる …

2009年09月30日 23:27

 終日、雨。走行距離、0キロ。
 自転車的には、ちょうどいい休養日になった。
 週末の土曜日、日産バイクナビに出走する。いまは、我が貧脚の温存に努めるのみ。

 恐るべし、ネット通販。ついついポチってしまい、ローラー台を購入。WASA の やのまんくん お勧め、Minoura GYRO V150 というやつ。

 9月の走行距離 2201.84キロ。




スポンサーサイト

ちょっとだけ、鬼ごっこ

2009年09月29日 23:43

 27日、日曜日。
 ツーキン走、東京都下・モノレールの走る街へ。心拍 130( 自己最大比 70パーセント )前後のペース。
 18時くらいの復路。すでに、暗い。秋なのだと、あらためて思う。
 時系列は狂うけれど、昼間のこと。石坂さんがワッフルをごちそうしてくれた。ありがとうございました。
 走行距離、46.79キロ。

 28日、月曜日。
 昨日に続き、ツーキン走のみ。川崎・百合丘の住まいと下高井戸方面のシゴト先を往復。心拍 120( 65パーセント )程度と、回復走モード。 … 週末には、日産バイクナビがある。それに向かい、日々の走りは、ごく軽い負荷。
 走行距離、41.09キロ。

 29日、火曜日。
 アサレン。
 連光寺坂を病院側から 5本。とはいっても、負荷はかけていない。心拍 120( 65パーセント )を基本に、ゆるゆると上った。走ってたの、歩道だし。
 ただ、5本目だけは計算外。スタートしてほどなく、車道を行く黒ジャージ氏に抜かれた。すぐに 50メートルほどの差がつき、なんかくやしいオレ。追いかければ、そのまま抜けそうな気もする。でも、脚を使いたくない。
 けっきょく、黒ジャージ氏を追いかけた。やめとけやめとけと思いつつ。
 トンネルもどきの手前で黒ジャージ氏に追いつき、併走状態に。意外そうな表情で、こちらを見ている黒ジャージ氏。会釈を返すオレ。意地の張り合いが始まった。つかのま、楽しい鬼ごっこ。うお、心拍が 170( 90パーセント )を越えちゃったじゃんか。
 黒ジャージ氏と連光寺坂を上りきる。互いに笑顔の会釈で別れる。で、再び心拍 120ペース。多摩川サイクリングロードに入り、国立まで。折り返し、多摩サイ - 多摩川原橋 - 府中街道 - 女子大通り - 津久井道とたどり、帰宅。
 走行距離、51.95キロ。
 ツーキンは、電車利用。東京西方の街行き。

 月間走行距離 2201.84キロ。


風張峠 TT

2009年09月26日 17:55

 鶴2

 8時、川崎・百合丘の住まいを出走。
 檜原村役場前に到着したのは、9時半過ぎだったか。信号待ちをしていると、前方から WASA の k山主将が下ってきた。手を振って、挨拶。楽しい偶然だった。

 《 風張峠 TT 》
 檜原村役場前 - 檜原街道 - 奥多摩周遊道路 - 都民の森 - 風張峠( 約 24キロ )
 
 … 55分くらいで、都民の森を通過。ベストタイム更新には微妙なタイミング。だからその先は、とにかく踏め、踏め、踏め、という感じだった。
 10分ほど後、峠にゴール。
 結果、1時間 5分 16秒。自己ベストを 2分弱短縮。
 脚が重く、心拍も上がりにくいなど、コンディションはいまひとつだったし、工事規制による 1分前後のストップもあった。それらをふまえれば、結果に大きな不満はない。ただ、どうせなら 5分を切りたかった。10月中にリベンジしよう。

 TT 後、奥多摩湖側へダウンヒル。それから鶴峠をオプション登坂し、おまけのおまけに大垂水峠も上っておいた。
 15時、廃人状態で帰宅。自転車は健康に良くないと思う。はは。

 今日の走行距離、165.97キロ。
 昨日はツーキン走のみ。走行距離、48.53キロ。
 
 月間走行距離 2062.01キロ。

 写真、携帯電話にて。鶴峠付近。




新企画、合同回復走

2009年09月24日 23:20

 たてピナ

 今日は、合同朝練番外。メンバーは 3人。WASA から うひょくんやのまんくん、Boot-leg からはオレ。
 うひょくんはヤビツ TT明け。やのまんくんはツール・ド・草津のコース等々を走り回る連休を過ごしていたとか。
 ―― だから、今日はふたりで回復走っす
 とのこと。
 回復走という言葉の響きが優しく、オレも便乗させてもらった。
 うひょくん・やのまんくんに合流したのは、多摩大坂裏上り口。さあ、合同回復走のスタートだ。

 《 合同回復走 》
 多摩大坂裏上り口 ~ 尾根幹終点・小山のセブンイレブン / 距離約 8.3キロ
 平均心拍数 166
 最高心拍数 180( 自己最大比 95パーセント )
 平均時速 34.6キロ

 … なんか、おかしい。平均心拍数 166って、オレのソリア上限近くじゃん。途中、知らないローディふたりも加わり、みんなして千切りあいになってたし。
 セブンイレブンにゴール後は、しばらく息があがっていた。ぜはぜはしながら、いろいろな回復走があるものだと思った。やはり自転車の世界は奥深い。なにせ回復走を終えたら、それ以前の 5倍くらい疲れていたもの。
 平和が訪れたのは解散をしてから。ようやくの流しモードで、小山田周回やら よみうりランド外周やらを走りつつ、川崎・百合ヶ丘の住まいに帰宅。
 走行距離、57.32キロ。

 ツーキン走は、東京西方の街へ。心拍 135前後( 70パーセント強 )、それを目安に走った。低強度だったけれど、心肺を耕すくらいのことはできたかな。
 走行距離、54.23キロ。

 月間走行距離 1847.51キロ。

 携帯電話による写真、尾根幹。

 付記 1 。
 うひょくんのヤビツ TT 。
 コンビニ ~ ピークまで 29分台だったとか。驚嘆に値するタイムとはいえ、オレはもう驚かない。彼がどんなに速く走ったとしても、それはもはや当然のこととして受けとめられる。これを慣れというのか、麻痺というのか。はて。

 付記 2 。
 昨日、自転車に乗ったのはツーキン走のみ。下高井戸方面へ。心がけたペースは、今日のツーキン走と同じ。
 走行距離、38.34キロ( 上記、月間走行距離に合算済み )

 

引き脚とスタートダッシュ

2009年09月22日 23:18

 21日、月曜日。
 ツーキン走、下高井戸方面へ。
 往路、心拍 110( 自己最大比約 60パーセント )くらい。ゆーるゆる。 … なだけではまずかろうと思い、回転は高めにした。フロント・インナーで 120回転程度。
 復路、心拍 130( 70パーセント )くらい。
 今さらだが、往復路とも引き脚を意識した。ちょっと分かってきたかも( 自分比 )。
 走行距離、41.90キロ。

 22日、火曜日。
 ツーキン走、東京西方の街へ。
 往復路とも、心拍 125( 65パーセント )前後が目安。連日の回復走もどきだが、週末に山へ行った後は、無理をしないことにした。9月に入ってからは、特にそうしている。
 昨日に続き、引き脚を意識。
 スタートダッシュのとき、自分にとってベストのギヤ比は? そんなことも、探り直しつつ走ってみた。で、どのギヤ比がいいのか、よけいに分からなくなった。
 走行距離、54.78キロ。

 月間走行距離 1697.62キロ。



有間峠など

2009年09月20日 23:16

 18日、金曜日。
 自転車は、完全休養。
 

 19日、土曜日。
 有間峠に行ってきた。初めてのことだ。
 天気は曇り。峠までの道中、こちらの内心もすっきりしなかった。空模様みたいに。標高 1100メートルあまりから眺める光景、それはそれは素晴らしいと伝聞していたのだが。
 でもまあ、漕ぐ。川崎・百合丘の住まいから新奥多摩街道、県道 53号線等を 70キロほども進む。名栗湖に至る。ほどなくしてカヌー工房を過ぎ、広河原逆川林道に入れば有間峠越えの始まり。
 登坂テーマは、ソリア域の維持。心拍がぶれないよう、べダルを回し続けた。淡々と。
 中盤を過ぎるまで 10パーセント前後の勾配。吐息、曇天に吸い込まれてゆく。遠く近くには、エンジン音が聞こえる。それなのに、オートバイそのものは、いつまでも現れない。
 ふいに勾配が小さくなった。目の前に続くのは、緩やかに波打つ尾根道。山肌を競り上がる樹々が切れだし、空が開けてきたから、どうやら最終区間らしい。一気に加速。
 やがて、ゴール。山裾から 20キロほどだったか。
 期待していなかった眺望は、意外なほど素敵だった。雲のふたに押しすくまれてはいたものの、山並みは奥深く続いていた。充分なほどの練習の癒し。今にして思えば、ヤッホーとか叫んでおくべきだったな。
 ダウンヒルは秩父側へ。
 自分にとっては、下りも大切な練習パート。先般、檜原街道で落車してから、根本から下り方の見直しをしている。どうなんだろう。恐怖心の克服とともに、ずいぶんまともに下れるようになってきた、そんな気もするけど。
 目線はカーブの出口に。
 曲がっている途中でブレーキをかけない。
 そんな基本中の基本さえ、落車後しばらくはできなくなった。ましてや、自転車を傾けるなんて、とんでもないという感じでさ。
 ともあれ ―― 。
 秩父さくら湖を走りぬけたところで、道は平坦に。そして市街地を過ぎ、国道 299号線からは上り基調。芦ヶ久保を経て、山伏峠、小沢峠とピークをふたつ踏みながら、東青梅着。ここまで戻ってくれば、住まいまであとひと息。午後の早い時間が門限だったから、へろへろ気味の身体にムチを打った。
 思うことが、多い。
 こんなに疲れてまで、どうして自転車に乗るんだろう。
 楽しくない。
 楽しくないのに、楽しい。
 楽しくないのが、楽しい。
 どエムなんだな、きっと。
 
 走行距離、172.63キロ。


 20日、日曜日。
 ツーキン走、東京都下・競馬場のある街へ。
 シゴトは午前中で終わり。その後、梅野木峠に向かう。途中、風張峠帰りの redboot さんヤンくんに出会う。互いのタイムスケジュール的に、うまくすればすれ違えるかも知れないと、ねらっていた。で、ビンゴ。しばしのおしゃべりが楽しかった。

 おふたり

 梅野木峠では、ソリア練。ただし、ラスト 1キロくらいは追い込んでダッシュ域。
 帰路の新奥多摩街道、成りゆきから BIYチームの列車に連結。15人くらいの集団最後尾で、すっかり楽をさせてもらった。信号待ちのとき、あれこれ言葉も交わせたし、やはり自転車がひととひとを繋ぐ力はすごい。
 
 走行距離、104.99キロ。

 
 月間走行距離 1600.94キロ。

 写真、携帯電話にて。redboot さんと ヤンくん。  



むりやり新展開、合同朝練

2009年09月17日 23:12

 すすき

 合同朝練。
 7時、川崎街道・矢野口交差点に集合。今日のメンバーは、WASA から k山主将うひょくんやのまんくん。Boot-leg からはオレだけ。 … あのですね、WASA の 3人は実力者たちなわけですよ。なにせ、レースに出れば表彰台クラス。そんな若者たちに、彼らより 20歳近く年寄りのオレが対峙できるのか? それはムリ。
 で、オレだけ 4分間先行スタートをした。WASA のこわいお兄さんたちには、死ぬ気で逃げるから殺す気で追いかけまわしてくれとオーダー。
 実際、抜かれたら殺されるつもりで走った。
 連光寺坂 - 天国の階段 - 尾根幹 - 小山田周回と、幾度も振り返る。
 もう来てる? もう来てる? まだ来ない、まだ来ない、の繰り返し。
 抜かれたら殺される、抜かれたら殺される、息を切らせながら胸の内で呟く。って、どんだけガラの悪い練習なんだよと苦笑しそうになったら、むせた。
 結果、どうにか狩られず、ゴールのセブンイレブンへ。安堵感に浸っていると、おわ、1分足らず後に WASA の 3人もゴールしてきた。3分も差を縮められていたというわけ。危ねえ。
 
 鶴亀猿さん、仕事峠へ旅立ったとのこと。
 はよ戻ってきてくだせえとは思うが、仕事峠だもの、さぞかし大変なのだろうと勝手に想像している。ご苦労さまです。

 ツーキン走は東京西方の街へ。回復走より少し強め、心拍 130前後( 自己最大比約 70パーセント )のペース。

 今日の走行距離 122.30キロ。 
 
 昨日は下高井戸方面へのツーキン走のみ。走行距離、43.38キロ。心拍 120前後( 約 65パーセント)と、回復走ペースだった。

 月間走行距離 1323.32キロ。

 写真、携帯電話にて。合同朝練からの帰り路。


どら焼きのプレゼント

2009年09月15日 23:58

 6日、日曜日。
 東京都下・モノレールの走る町へ。ツーキン走と練習走を兼ねる。基本、メディオ。ソリア、ダッシュ域も少々。
 往復とも、連光寺坂を経由。アウター × トップで筋トレモード。
 走行距離、53.25キロ。

 ふいにプレゼントされたのは、どら焼き。
 晩のデザートに、さっそく食べてみた。すると、これがめっぽう美味しい。
 4種混合和洋折衷餡( 蜂蜜、粒餡、チョコクリーム、サワークリーム、蜂蜜 )が、やや薄めの皮に包まれており、冷蔵タイプ。
 ひとくち食べたら、とまらなくなり、4ヶを一気食い。いやあ、ごちそうさまでした。幸せを感じました。


 7日、月曜日。
 筋トレを目的にし、住まい近くで登坂 5本。使った坂は距離約 300メートル、勾配 8 ~ 10パーセント程度。アウター × トップだと重過ぎるため。リアを 21Tにした。
 後、帰宅することなく、ツーキン走になだれ込む。川崎・百合丘の住まいと下高井戸近辺を往復。メディオ。
 走行距離、48.15キロ。

 
 8日、火曜日。
 午前、たまプラーザ・Cショップへ。
 ブレーキ、シフト、それぞれインナーワイヤーを、それからバーテープ、ブレーキシュー、チェーンを交換。自分でやるべき作業なのだろうが、時間と確実性を考え、ついついプロ任せにしてしまった。次回こそは、と思う。毎回、思っているだけ。
 ツーキン走に使っているレーシング 3だが、リム交換のため、預けっぱなしにしてきた。しばらくは、四六時中、デュラを履きっぱなしということになる。 

 ツーキン走は、東京西方の街へ。回復走を兼ね、心拍 120前後のペース。
 走行距離、68.04キロ。午前の Cショップ行きがあったので、いつもより少しだけ距離が延びた。

 晩のデザートは、マーマレードジャム。もちろん、それだけを舐めたわけではないぜ。8枚切りの食パンに塗りつつトースト、6枚を平らげた。満足。
 体脂肪率は 10パーセント前後だが、自転車に乗っていなかったら、いまごろ 50パーセントくらいになっているんじゃないか。
 日頃、言われることがある。
 ―― そんなに食べてるのに、太らなくてズルイ
 返すセリフは決まっている。 
 ―― わははは。うらやましかったら、自転車に乗りなさい

  
 月間走行距離 1157.64キロ。



峠練、雨模様

2009年09月12日 15:05

 ヤビツ

 5時、川崎・百合丘の住まい発。
 ヤビツ、牧馬、大垂水の順で喘ぎ、正午に帰宅。

 ヤビツ峠。
 ホイールはデュラではなく普段履きのレーシング 3、微重とはいえ泥よけも装着。そんな状態で、TTをする気にはならなかった。練習目的は、登坂時におけるソリア中域の維持にあったのだし。
 だから、タイムは参考程度に計っておいたまで。そしたら、自己ベストが出てしもうた。
 名古木交差点 ~ コンビニ / 4分 24秒
 コンビニ ~ ピーク / 35分 15秒
 自転車を最良のコンディションにして、おもくそ TTモードで走れば、コンビニまでで 30秒、ピークまでで 2分くらいは縮められそうな気がする。全体で 2分 30秒の短縮か。次回の課題だな。

 雨の降り始めは、ヤビツ峠を宮ヶ瀬湖側に下っているとき。
 その後、弱雨が降ったりやんだり。
 さらに後、住まいまで 10キロほどの地点に至ると、一気に強まる雨脚。 … ふふ、オレって妖怪。名は、アメフラシ 2号。今日も、よく濡れた。えっへん!
『毎日毎日、あらゆる手段で自転車に乗ろうとする』 ―― うろ覚えの引用は、高千穂遙氏による 『 ヒルクライマー 』 中の一節。
 日々、自転車に乗りたいという気持ちは、自分にもある。降っても晴れても、とにかく自転車には乗っておきたい。

 今日の走行距離、158.03キロ。
 ここに添えちゃえ。昨日の走行距離は 45.22キロ。下高井戸方面へのツーキン走のみ。心拍 125前後で、回復走を兼ねた。

 月間走行距離 988.20キロ。

 写真、携帯電話にて。 



木曜日は高強度、合同朝練

2009年09月10日 23:26

 合朝

 合同朝練 ―― 。
 7時、川崎街道・矢野口交差点集合。今朝のメンバーは、WASA から k山主将うひょくん、Boot-leg からは鶴亀猿さんとオレ。そして、かねがね噂を聞かせていただきつつ、ようやくの初対面となったアマノさん From Racing CUBE 。実のところ、アマノさんにご挨拶差し上げたとき、あたしゃ、内心で天を仰いでおりました。ううう、また強いひと増えたじゃん、この朝練、どんどんヘビーになっていくじゃん。 … そんなオレのビビリに関係なく、ほどなく練習開始。まずは川崎街道を連光寺坂方面へ。オレはといえば、どうにかローテーションに加われないくらい( なんだよ、それ )に、他の 4人から千切れた。時速 40キロほどで前を行く 4人、それを5メートルほど後から追うオレ。もうひと踏ん張りすれば追いつけそうなものなのに、だめ。踏ん張りがきかなかった。
 連光寺坂では、いよいよ 4人から離される。が、天国の階段序盤、どうにかアマノさんに連結。ふたりで走らせてもらい、先着の 3人とも連結したのが多摩大坂裏手前。続く尾根幹は 5人で再スタート。終始、うひょくんが抜き出ていたのだけれど、追走する 4人の中で何度か前を引けたのは救いだった。
 南大沢立体で、アマノさんとお別れ。お疲れさまでした。また、お願いします。そう思っていたら dogsongjack さん登場。尾根緑道だけとはいえ、久々に一緒に走れて、嬉しかった。来週は全篇を一緒に走りましょう、ぜひ。動画も撮影してもらい、ありがとうございました。
 最終区間、小山田周回は尾根幹以上に坂だらけ。苦しさ山盛り。どかーんと千切れないように、ただそれだけを念じて走行。結果、他メンバーから約 300メートル遅れまで離されつつ、セブンイレブンにゴール。そして、おしゃべりタイム。平和な時間が戻ってきた。
 帰宅経路は尾根幹 - 川崎街道等。うひょくん、k山主将、鶴亀猿さんと順に別れながら、川崎・百合丘の住まい着。9時半くらいだったか。
 合同朝練は、ほんと、根性がつく。根性という入れものを養っているうち、そこには肉体も伴なってくる。なんて、勝手に思う。精進します。
 走行距離、48.72キロ。平均時速、28.2キロ。心拍、 しょっちゅう 170台 = 自己最大比 90パーセント超だった。

 ツーキン走は、東京西方の街へ。往復とも、心拍 125前後をキープしつつの回復走ペース。復路に、多摩川サイクリングロードを延長走行。
 走行距離、66.51キロ。

 写真、携帯電話にて。合同朝練ゴール地点、セブンイレブン。

 追記。
 昨日のことを記し忘れていた。
 自転車に乗ったのはツーキン走のみ。下高井戸方面へ。ペースは今日のツーキン走と同じ、心拍 125前後。
 走行距離、40.33キロ。

 月間走行距離 778.95キロ。


 
 

疲労度、大

2009年09月08日 23:58

 7日、月曜日。
 自転車的には完全休養。ツーキンも、電車。なにせ、昨日、おとといの峠行きで、えらく疲労した。特に、おとといの柳沢峠練は堪えたな。
 シゴト先が下高井戸方面だったから、それにからめて明大前の Sマッサージ院へ。手揉みはもちろん、電極パッド、バイブレーションベッドによる治療も受け、1時間弱。保険が効くため、1100円也。我が自転車生活に、なくてならないのが Sマッサージ院。

 今日は 8日、火曜日。
 ツーキン走、東京西方の街へ。心拍 125前後の回復走ペース。
 まだまだ疲労が残っている。こういうときには無理をしないと決めた。いち早く身体を回復させ、さら脚で高強度の練習したほうが効果も高いだろう。
 走行距離、52.64キロ。

 月間走行距離 623.39キロ。



昨日、柳沢峠練 / 今日、鋸山林道練

2009年09月06日 18:50

柳沢ふたり

 昨日、晴れの土曜日 ―― 。 
 柳沢峠練へ。
 7時半、多摩川原橋にて鶴亀猿さんヤンくんと落ち合う。 … もろに実力者のふたりじゃんか。引き摺り回されるの、決定じゃんか。

 まずは多摩川サイクリングロードを流し。
 ほどなく、奥多摩街道に出てからが第 1ステージ( 立川 - 奥多摩湖 )
 この区間は、時速 37キロ前後でのローテーション走行。青梅を過ぎてからは心拍がばんばん上がる。自己最大比 90パーセント超とかでバクバク。でも、ほかのふたりは涼しい顔をしていた。えーん。

 第 2ステージ( 奥多摩湖 - 丹波村集落 )
 だめだ。前ステージの奥多摩湖までで、脚が終わっていた。
 ―― 千切れたら放置プレイで、お頼み申す
 道中にて、鶴亀猿さんとヤンくんに伝えた。

 第 3ステージ( 丹波村集落 - 柳沢峠 )
 途中、鶴亀猿さんにメカトラブル。フロントの変速ができなくなり、インナー固定に。でも本人は、
 ―― 上りだから、まっいーかー
 ぜんぜん動揺していなかった。
 果たして、鶴亀猿さんが 1着でゴール。
 鶴亀猿さんから 9分遅れ、ヤンくんから 500メートル遅れのオレは 3着。
 ゴールまで 3キロほどの地点、ヤンくんの背中が見えた。よし、抜いてやる。そう思った。
 振り向いたヤンくんも、オレに気づいたようだ。猛然とダンシングを始める。ぜってー、抜かれねー。ヤンくんの背中は強固な意志だった。
 くおの、抜いてやる。
 ぜってー、抜かれねー。
 振り向き、オレの姿を認め、ダンシングするヤンくん。とにかく差を詰めようとするオレ。
 くおの、抜いてやる。
 ぜってー、抜かれねー。
 繰り返しだった。
 結果としてヤンくんに負けたものの、ゴール後は本当に清々しかった。ヤンくんのおかげで、自身をハンガーノックぎりぎりのところまで追い込めたのだから。もちろん、清々しかったというのは心情的になわけで、肉体的にはへろんへろん。搾りかすも出ませんぜ状態でのゴールだったけれど。

 柳沢オレ

 第 4ステージ( 柳沢峠 - 奥多摩湖 )
 1着を狙った。が、奥多摩湖寸前で鶴亀猿さんに刺され、2着。んもー、フロント・インナーしか使えない手負いの獅子に負けるなんて、いやんなっちゃうわ。

 第 5ステージ( 奥多摩湖 - 福生 )
 ヤンくんとローテーション。でも、御岳近辺にて脚が続かなくなり、後続の鶴亀猿さんにも抜かれた。
 青梅市街で、どうにかふたりに再連結。

 福生からは、多摩川サイクリングロード。クールダウン的に、ゆるりと流す。
 やがて、関戸橋でオレは離脱。夕方の秋風に、比喩ではなくふらふらしつつ、ラストラン。川崎・百合丘の住まいを目指した。
 走行距離、200.88キロ。平均時速、27.1キロ。消費 4014キロカロリー。

 鶴亀猿さん、ヤンくん。
 あざす!でした。
 また揉んでください with


 今日も晴れ、日曜日 ―― 。
 鋸山林道に行ってきた。五日市側から上り、奥多摩湖駅側へダウンヒル。林道上りは、メディオ中域の維持をテーマに走行。ほかは、心拍 125前後の LSDペース。ただし、林道下りでの心拍は 100を下回った。苔や出水など、スピードの出せない道路状況だったため。
 走行距離、123.46キロ。

 神戸トンネル

 月間走行距離 570.75キロ。

 写真、1枚目と 3枚目は携帯電話にて。2枚目は、鶴亀猿さん撮影。
 1枚目、鶴亀猿さんとヤンくん。ふたりともこわいよー。
 2枚目、なにやってんだオレ。
 3枚目、神戸トンネルっていったかな。鋸山林を走る序盤に通った。実際は写真以上に暗くて、超恐怖。

 追記。
 鋸山林道は、通行止めの処置がとられていました。以後、同所を目指そうというかたは、お見知りおきください。確かに 1ヶ所、土砂崩れによる瓦礫のひどい場所がありました。ピークから奥多摩駅側へ、少し下ったところです。

 

お見舞いと告知

2009年09月04日 14:24

 明日の土曜日、1日中を自転車に使えそうなメドがついた。だから、redboot さん主催のツーリングに参加させてもらおうと思っていた。
 が、redboot さん、体調不良に陥ってしまい、ツーリング中止とのこと。
 びっくりしました。redboot さん、どうぞ養生なさってください。そして、具合の良くなったところで、またツーリングに連れて行ってください。

 さて、明日はどうしようかと逡巡した後、柳沢峠練を思い立った。
 多摩川原橋を 7時半に出発します。いっちょう揉んでやっかというかた、下のコメント欄かメールにて、ご連絡ください。

 redboot さん、くれぐれもご自愛ください。

 ではでは、お見舞いと急な告知でした。

 追記( 9月 6日 )
 この日、つまりは 4日、自転車に乗ったのはツーキン走のみ。横浜・Cショップのある街、下高井戸方面と、2ヶ所のシゴト先へ。道中、心拍 125前後の回復走ペース。
 走行距離、61.35キロ。
 
 
 


3時間の遅刻

2009年09月03日 23:29

 尾根幹

 10時、合同朝練の集合場所・矢野口交差点に到着。誰もいない。そりゃそうだ。集合時間は 7時なわけで、オレは 3時間も遅刻したことになる。面目ないっす。
 寝坊という自業自得を恥じつつ、ひとりきり、矢野口交差点をスタート。合同朝練のコース( 連光寺坂 - 天国の階段 - 尾根幹 - 小山田周回 )を走る。心がけたのは高強度、ひたすらそれだけ。たとえば、上り坂における心拍は、ダッシュ域の 171超になるように。 … 距離のある上り坂ならともかく、短い上り坂では心拍 160前後というのが実際だったけれど。
 小山田周回を終え、セブンイレブンにゴールしたとき、かなりへろへろになっていた。ただ、他のメンバーに引きずりまわされたときに比べ、疲労度は低い。いかんのだ、それでは。
 
 帰宅後、ツーキン走。川崎・百合丘の住まいと東京西方の街を往復。回復走ペース、心拍 125前後をキープ。

 今日の走行距離 99.40キロ。

 月間走行距離 185.06キロ。

 写真、携帯電話にて。合同朝練・ゴール地点のセブンイレブン前。



霧雨の回復走

2009年09月02日 11:23

 昨日、1日( 火 )
 ツーキン走、東京西方の街へ。練習走も兼ねた。
 往路、メディオ( 45分 )/ ソリア( 10分 )/ ダッシュ域( 5分 )。以上、大体の時間配分。心拍計頼みなので、きちんとパワーがかかっていたのかどうかは分からない。
 道中、アルトレモ購入店にて プロ 3を受け取る。アルトレモのリコール品を、プロ 3に交換してもらったというわけ。
 シゴト先到着間際には、Yショップでブレーキシューを購入。
 復路は、ひたすらメディオ。
 往路と復路とで、練習予定のメニューが引っくり返ったけれど、まあいいか。結果オーライ。
 走行距離、51.98キロ。

 今日、2日( 水 )
 下高井戸方面へのツーキン走を、回復走と兼ねるつもりだった。が、天候不順。ツーキン前に回復走を済ませることに。川崎・百合丘の住まい - 多摩川サイクリングロード・国立の行止まりもどき間を往復。心拍 125前後を保ちつつ。
 霧雨。
 走行距離、33.68キロ。
 後のツーキンは電車にて。

 携帯電話による写真、今日の多摩サイ道中。

 影
  
 月間走行距離 85.66キロ。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。