スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの宿題、富士あざみライン / 2010シーズン、風張林道 ②

2010年08月31日 15:14

 28日、土曜日 ―― 。

 ツーキン走、川崎・百合丘の住まい - 下高井戸方面を往復。
 走行距離、50.89キロ。



 29日、日曜日 ―― 。

 しばぞーさんかずいさんと富士あざみラインへ。 … ふたりのブログ、今回の あざみ行きの写真が満載。
 
 かずいさんは寝坊で遅刻。6時過ぎ、まずは しばぞーさんと尾根幹終点・小山セブンイレブンを出発。時速 30キロ前後で平和に流す。
 津久井湖を経て、道志みち 入り。青野原セブンイレブンで最初の補給。ほえーっとしていると、横から肩で息する かずいさんが現れた。速っ。もう追いついてきちゃったのか。
 
 で、あらためて 3人して出発。道志みち を走る。両国橋過ぎの湧水を給水、居合わせたおばちゃんと会話。ペースはゆっくりだし、空は青いし、ちょっと暑過ぎるとはいえ、目下のところ、平和で楽しいサイクリング。
 
 道の駅で かずい号のメカトラを調整直後も、へらへら進む。すると、イナーメジャージ氏と白ジャージ氏にビュンと抜かれた。1秒、2秒、3秒 … 、行くなら今だ。これ以上離されたら追いつけない。で、リアのギヤを 2段重くして、一気に加速。先行するふたりを追い始めた。そのとき後方の しばぞーさんと かずいさんからは、あーあ、あのバカ、また行っちゃったよ、とあきれる雰囲気を感じた。
 イナーメジャージ氏と白ジャージ氏は小刻みにローテーションしながら、山伏峠への道を登坂していた。とりあえずはそんなふたりの後ろにつかせてもらい、様子をうかがう。
 やがて白ジャージ氏が、イナーメジャージ氏から切れ始める。あんまりすぐに白ジャージ氏の前に出ちゃうのもどうかと思い、自分はしばらく白ジャージ氏の後ろにいた。すると、イナーメジャージ氏の背中がどんどん離れていく。これはもう許されるだろうと思い、挨拶とともに白ジャージ氏の前に出て、イナーメジャージ氏を追う。が、差はすでに 100メートルくらい。しかもその距離が確実に広がりつつある。こちらは、目一杯ペダルを踏んでいるというのに。
 山伏の直坂 1本目では、白ジャージ氏に抜き返された。ここからは白ジャージ氏と抜きつ抜かれつ。やがて、直坂 2本目にさしかかったあたりで、白ジャージ氏の気配が消える。でも、怖くて後ろを振り返れない。とにかく前だけ見て、ペダルを踏み続けた。
 イナーメジャージ氏、峠のトンネルを抜けて下りに移る手前で、自転車をとめていた。イナーメジャージ氏が、150メートルほど先行のだんとつ 1位。

 さて、バカなオレは、ようやく我に返る。今日のメインは あざみラインじゃん。イナーメジャージ氏と白ジャージ氏には大変な強度の練習をさせてもらい、非常に感謝なのだけれど、あざみに行く前にへろへろになっちゃったじゃん。山伏峠を越え、山中湖に下りながら、もう今日は帰ろうかなと思う。で、山中湖畔のセブンイレブンにて しばぞーさん、かずいさんと再合流。ふたりに申し立ててみる。オレ、バカなので脚がへろへろじゃけん、もう帰ってもよろしいか ? ダメと一蹴された。しくしくしく。

 その後、籠坂峠を登坂、さらにそのままダウンヒル。あざみラインがどんどん近づいてくる。いやだなあ、あざみ。辛いんだよなあ、あざみ。胸がどんどん真っ黒になっていくようだった。空は真っ青なんだけど。胸はどよんどよん。

 あざみライン TT。1時間 5分 40秒。
 昨年、初めて登ったときが、1時間 10分台だったから、今回の結果には、まあまあ満足。
 ただ、ああすればよかった、こうすればよかったは、いろいろある。なにより後悔しているのは、最初の直坂部と、続く九十九折で、抑え過ぎたこと。本来なら、比較的勾配の緩いここまででタイムを稼ぐべきだろうと、後になって反省。九十九折過ぎて、馬返しあたりからの激坂部なんか、やけくそで登っていくしかないものな。
 全道程に渡り、蛇行しなかったのは、自分でも意外。
 車か輪行で あざみ入りして、55分を切れるだけの力をつけること、それが目標になった。その目標を達成するためにも、しばらくは自走で通うつもり。

 あざみライン
 
 帰路。あー、また籠坂峠登るのかよーとか、あー、また山伏峠登るのかよーとか、あざみを下り終えたところで憂鬱になる。なにせ、ついさっきまで時速 70キロ超で下ってきていたのだから、登るのいやになるさ。でも、しかたなく登った。登らなければ帰れない。そしたら、籠坂も山伏も、案外さっくり終わった。となれば、残るは 道志みち をがんがん進んでいけばいい。ここで かずいさんが鬼引き。下りや平坦なんか、勘弁してくれってくらいに引き倒される。そんな状態は、やがて、ショートタイムでのローテーションに変化。しばぞーさん、かずいさんとの 3人列車はスピードを増すばかりだった。ものすごい疑問を感じたのは、相模原市に入った頃、行く手に長い登り坂を見たとき。いまのスピードであの坂に突っ込んでいったら、登りながら死ぬ。で、先頭交代で下がりながら、しばぞーさんと かずいさんに言ってみた。オレ達、なんでこんなに苦しみながら走ってるの ? ふたりも同じ疑問を抱き始めていたらしく、しゅるしゅると平和なペースに。助かった。

 川崎・百合丘の住まいに帰宅したのは、17時頃。水シャワー浴びて、缶ビール。なんて美味しかったことか。
 
 走行距離、203.52キロ。



 30日、月曜日 ―― 。

 風張林道金具

 ひとり、風張林道に行く。
 まったく調子が悪く、勾配 20パーセント付近でも、HR 80パーセントとか。
 帰りのタマサイは、完全にひらひら。
 走行距離、133.42キロ。



 31日、火曜日 ―― 。

 自転車もシゴトも、完休。



 月間実走距離 2073.70キロ






 
スポンサーサイト

回復走 / 奥武蔵 LSD

2010年08月27日 16:16

 26日、木曜日 ―― 。

 11時から 13時頃にかけて、回復走。川崎・百合丘の住まい - 多摩川サイクリングロード・昭島あたりを往復。
 走行距離、52.48キロ。

 後、二子玉川方面でシゴト。電車ツーキンだったのはさておき、キンムしたのは 2時間というクズっぷり。えっへん!


 27日、金曜日というのは今日 ―― 。

 6時、出走。奥武蔵方面へ向かう。
 気持ちは元気なのに、心肺がついてこないという体調。平坦での HRがどうにか 120とかそんな感じ。こういう日は、LSDを楽しもうと決めて、ゆるゆる走る。
 山ポタは、小沢峠 - 山伏峠 - 虚空蔵峠 - 刈場坂峠 - 折り返して、R299 - 天目指峠 … といったコース。途中、子の権現に向かい登坂しようと思ったものの、無理なコースを選んでしまった。車は通行不可とあった道なのだが、試しに分け入ってみると、ジャリジャリ。砂利砂利でロードバイクも通行不可だった。
 子の権現については、ツイッターで、 Wさんからそそられる道を教えてもらった。あざっす!です。次回に、ぜひ行ってみます。
 14時、帰宅。疲労困憊、バンテリン発動。明日とか、ツーキン走すら危うい感じ。明後日は、富士あざみラインで TTだというのに、確実に削られている我が貧脚。どーしましょ。
 走行距離、155.59キロ。


 月間実走距離 1685.87キロ





2010シーズン、風張峠 ⑥

2010年08月26日 14:34

 ツーキン走、川崎・百合丘の住まい - 下高井戸方面を往復。
 往路、LSD。
 復路、環八から世田谷通りに入ったところで、スペシャ・ジャージ氏に抜かされる。しばらく後ろについてから、抜き返す。また抜かされる。抜き返す。 … ローテーションの合意完了。登戸まで引きあう間、赤信号ストップ時をのぞき、心拍は 170台、最高 179( 自己最大比 96パーセント )。とてもいい練習になった。スペシャ・ジャージ氏に感謝。
 走行距離、39.4キロ。


 24日、火曜日 ―― 。

 シゴト事情により、電車ツーキン。朝練等もしなかったので、自転車は全休。


 25日、水曜日 ―― 。

 6時、オルカで出走。
 檜原側から甲武トンネル - 上野原側から鶴峠 - 奥多摩湖側から風張峠と巡る山練。それぞれ、HR・ソリアで登坂し、ラスト 300メートル位からダンシング。
 鶴峠を奥多摩方面に下るとき、高速ポイントで、時速 70キロ越え。久しぶりのスピードだったので、少々じんじんした。
 それにしても暑かった。正午頃の風張峠が、たしか 26度くらいじゃなかったか。
 15時、帰宅。
 走行距離、176.97キロ。


 月間実走距離 1477.80キロ


 付記。
 ここのところ、峠の表裏がよく分からなくなってきた。距離の長短、勾配の緩急、裾野の開けぶり等、表裏を決める基準に照らしても、はっきりしない場合も多いし、同じ峠でも表裏の解釈が異なっていることもある。まあ、表だろうが裏だろうが、どっちでもいいんだけど。




2010シーズン、半原越え ⑫ / ヤビツ峠 ⑦

2010年08月22日 14:02

 ヤビツオルカ


 快晴。
 自転車に乗って、心身ともにほぐしたかった。6時、川崎・百合丘の住まいを出走。
 三増峠、半原越え、裏ヤビツ峠など。HR・メディオを基本に、飽きてくるとソリア、もしくは、ソリア超まで追い込んでみたり。
 オルカで出かけたのだけれど、三増峠あたりの緩い下りでは、12Tだと物足りなく感じることがあった。フロントをノーマルクランクにする気はないから、というか、ノーマルなんて我が貧脚に見合っていないから、リアの 11Tを試してみよう。あとで、どこかのサイトでポチりだな。11Tのスプロケ、お買い上げ。
 11時過ぎから、気温がぐんぐん上がり始めたようだ。信号待ちでストップしているとき、頭上からの熱射、アスファルトの照り返しに、ゆだる。
 13時、帰宅。
 走行距離、148.98キロ。


 ここのところ、ツーキンは、下高井戸方面に通う毎日。
 19日は、天気予報を信じて電車利用。そしたら、雨は降らなかった。
 20・21日は自転車ツーキン。両日の合計走行距離、93.80キロ。
 … 20日の復路、下高井戸方面 - 甲州街道 - 環八 - 世田谷通り - 多摩沿線道路という区間( 距離約 20キロ )のアベレージが、時速 29.1キロ。自分としては、まあまあ。信号遵守、安全第一で、アベレージ・時速 30キロ越えを目指したい。


 月間実走距離 1261.43キロ
 




天気雨や、再会

2010年08月18日 16:40

 今朝、6時半から 30分間だけ朝練。近所の 300メートル坂( 勾配約 7パーセント )を 10本。フロント・インナーでリアを 1枚ずつ重たくしていくプログレッシオーネもどき。… トップにかけてしまうとチェーンによろしくないので、それは回避。9枚目の 23Tで 2本上り、帳尻を合わせておいた。
 朝練後、即座にツーキン走開始。横浜・たまプラーザ方面へ。LSDペース。
 シゴトを終えたのは早く、14時くらい。往路と同じく LSDペースで走りつつ、登戸あたりの多摩川サイクリングロードを遠回りしていたら、天気雨。オレの、妖怪アメフラシ 2号ぶりは、ますます確たるものになってきた。
 16時頃、帰宅。
 今日の走行距離、46.51キロ。
 なお、昨日の走行距離は、下高井戸方面へのツーキン走のみで、43.27キロ。

 9年を経ての再会があった。こちらは自転車にまたがり、信号待ち。足元の白線をへだてて、あちらは徒歩。
 偶然って、あるんだな。自分を覚えていてくれ、声をかけてもらえたことが、うれしかった。

 ブログタイトルをさりげなくチェンジ。
 7月後半から乗り始めたオルカは、とても素敵な自転車だと、おこがましながら思う。自転車に見合う乗り手にならなければというプレッシャーもすごいけど。
 もちろん FP2も愛し続けている。
 ツーキン走は FP2、練習やレースはオルカ、そういう日々がスタートし、ぼちぼちひと月。


 月間実走距離 1017.65キロ


締まった後は、たるむんだよなあ。むむう

2010年08月16日 17:53

 ツーキン走、往路。川崎・百合丘の住まいを出発後、7時頃の都内を走る。世田谷通りを経て、環八、甲州街道とたどり、下高井戸方面へ。まだ、お盆にかかっているので、道は空いていた。時速 30キロを少し上回りつつ、HR・LSD域でゆるゆる走る。
 
 シゴトあがりは、午後の早い時間。3時のおやつにも早いくらい。で、ツーキン走復路は、回復走を兼ねて遠回り。成城まで往路をなぞってから二子玉川に向かい、多摩川サイクリングロードに入る。後、CRを是政橋まで行き、一般道に下りる。帰宅したのは、16時くらいだったか。

 HC的には、自分比として理想的に絞れている近頃。今朝は、体重 52.4キロ・体脂肪率 6.8パーセントだった。
 恥じらいもなくアップした下の画像は、近頃の体型を後々確認するためのもの。かずい写真師に撮ってもらった。皆さんには、お目々汚しにしかならないよね。ごめんよう。
 ただ、本人にしか分からない、身体の締まりぐあい・たるみっぷりって、あると思う。おもしろいことに、締まるにせよ、たるむにせよ、HCレースの成績に直結してくる。けどあれか、自転車は基本的に食べまくれるスポーツだと思うから、ほんと、よかった。ボクシングの減量とか、話を聞いているだけで、お腹が空いてくる。

 おれ


 今日の走行距離 62.19キロ
 
 月間実走距離 927.87キロ





東京 HC 成木ステージ

2010年08月15日 18:02

 東京HC成木ステージ
 男子総合 28位( 完走者 321人 )/ 年代別・40歳以上 6位( 完走者・たぶん 88人 )
 という結果でした。
 前日、遊びまわったわりには、よかったかもというのが正直な感想。
 来年は、総合で少しでも順位を上げられるようにしたい。

 自分は、第 2ウエーブスタート。
 スタートして、前半 5キロは平坦路( というか、緩やかな上り勾配 )
 最初のうちは混沌としていたけれど、そのうち集団は 20人ほどの 1列棒状に。集団後方に位置していた自分は、数人前方に中切れの気配を見つけるたび、とりあえず前に出た。中切れは、自分で埋めろと、某氏に言われていたし。
 わあ、あそこで中切れだ、前へ、わあ、今度はちょっと遠くで中切れだ、くあああ前へ、を 3回くらいだったか、繰り返す。後、第 2ウエーブスタートの選手たちによるトップ( だったんだと思う、多分 )集団は、片山梨絵選手を含む 7名ほどに。そのまま、去年までの HCコース( 5キロ )になだれ込む。
 HCコースは、ある意味、気が楽。ああ、もう集団のあれやこれやに惑わされず、自分のペースで走れるよ、そういう開放感にほっとした。なんて、実際は、マークさせてもらった選手についていくのに、必死だったけど。でも、平坦と HCでは、ずいぶん心持ちが違った。そして、今回、平坦部分を走っているとき、とても楽しかった。
 
 レース後、小沢峠を裏表走り、御岳方面を経由しつつ、帰宅。
 16時、ビールを飲んだら、美味し過ぎ。

 かずいさん、今回はレース出走を見送りそうになったオレを引っ張りだしてもらい、あざすでした。感謝!です。

 成木2

 
 今日の走行距離 133.15キロ( レース距離 10キロを含む )

 月間実走距離 865.68キロ





やり過ぎた( … 画像追加篇 )

2010年08月14日 23:59

 東京HC成木ステージを明日に控え、本来なら貧脚温存を図るべき今日 ―― 。
 かずいさんと、山練をしてきた。
 もうへろへろ。
 道中のようすは、かずいさんのブログに詳しいので、そちらにてどうぞ。と、自分はブログを手抜きし放題。ゆるして。

 かずいさん
 
 上の画像は、かずいさん。コース後半の秋山辺りでは、かずいさんに盛大に引きずりまわされた。

ブログ、やめたわけじゃないんだよう

2010年08月11日 20:10

 覚え書きも兼ねて、以下を ―― 。

 7月最終日、BLのみんなやカズイさんと、成木 HCの試走へ。

 明けて 8月、シゴトに行ったり歯医者に行ったり山に行ったり。
 
 8月の実走距離は、今日までで 457.28キロ。 

 シゴト峠、とりあえずは越えかけている。
  
 


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。