スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へたっているやつでよければ …

2010年09月27日 16:13

 昨日、日曜日 ―― 。

 ツーキン走、川崎・百合丘の住まい - 東京都下・モノレールの走る街を往復。LSD。
 18時頃、復路の雨は予定通り。
 走行距離、50.11キロ。



 今日、月曜日 ―― 。

 富士山トリプルクライムの実行を企てていたが、中止。前日の天気予報をふまえたため。結果的に雨が降ったのは 7時くらいまでの富士山だったよう。5時に、あざみラインから始めるつもりだったから、なんとも微妙な気分。雨の あざみ、その下りを無事にやりすごせば、あとは曇天のもとを走れたのか。ただ、濡れた あざみを無事に走れる自信は無い。晴れていたって、ちょっとしたことで、死んじゃいそうなのが あざみだとさえ思う。飛行機だって墜ちる。タイヤだってバーストする。それがいつ誰の身に起きるのか、分からないだけだと思う。とかいって、今日は富士山に行っておくべきだったというのが本音。後悔してますとも、おおいに。で、今度の日曜か月曜こそ富士山トリクラだと思ったら、なんと両日とも雨予報。むう、どんどん予定がずれこんでいくのなら、いっそ迷いなく冬装備で登れる時期になっちゃったほうが、いいかも。秋の格好なのか冬の格好なのか、とか悩まなくてすむじゃん。

 昼過ぎ、ローラー台を 40分ほど。心拍プログレッシオーネ。少しずつ負荷を上げ、HR 95%に達したところから 3分間がんばる。後、ダウンを 5分。

 新しい保険証を受け取った。
 裏面の臓器提供欄、臓器すべてについてイエスを表した。
 近頃、父から受け取った手紙に「ふつうに歩けるひとがうらやましい」とあった。父は 2回脳梗塞をやっており、歩くのが少し不自由だ。
 ふつうに歩けるのがうらやましいのか。息子としては、なんとも切ない気持ちになる。そして、自転車に乗れるってのは、すごいことだと思う。
 父の手紙と、臓器提供のイエスは、自分の中でひとつながり。自分の臓器で、やがて誰かが、少しでも快適に暮らせるようになるのなら、うれしい。

 もうすぐ早めの夕食。おでんとビール。もしかすると、オレの肝臓を移植されるひとってのは、ありがた迷惑なのか。



 今月の実走距離 1421.53キロ






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tokigakataru.blog64.fc2.com/tb.php/416-8c4a7fef
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。