スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風張林道

2008年11月19日 19:54

 正午頃、風張峠最高地点に到着。いつもは奥多摩周遊道路を走ってゆくのだが、今回は風張林道を上った。
 周遊道路経由のときと同じく、道程の始まりは檜原村役場前。T字路の信号を右折してから約 9キロ、緩やかなアップダウンが続く。苦しめられるのは、残り 7キロほど。上り 10 ~ 15パーセント基調、そして 2度ほどだったかな、17パーセントなんていうところもあった。勾配数値は、ハンドルに取り付けた勾配計を目測したものだけれど、それほど不正確ではないと思う。
 初挑戦のルートだったので、脚をつかないことを目標に走り、それはクリアすることができた。となると、次回以後はタイム計測を目当てに走らなければならない。うわ、あの坂をまた上るのか。考えると気持ち悪くなってくる。でも、再訪したくなってくる。

 ダウンヒルは奥多摩湖側へ。眺望の素晴らしさは相変わらず。ただ、寒くて寒くて。ゆっくりを心がけたものの、ときには時速 50キロ超くらいになり、顔面が痺れた。たしか6度だった、峠最高地点の温度計が示していたのは。

 ダウンヒル1

 昨日の走行距離、アサレンとツーキン走で 85.45キロ。
 今日の走行距離、149.62キロ。
 月間走行距離、1490.87キロ。

 写真、携帯電話にて。ダウンヒルの途中に撮ったもの。

 追記。
 風張林道は、道に迷いやすいかも知れない。実際、今日も何度か誤ったコースに侵入してしまった。気をつけどころを、忘れないうちに記録しておこう。なにしろ、得意技は物覚えの悪さなのだ。 … 上述した緩やかな前半を終える頃、3差路が現れる。そこは真ん中を直進。すぐに 2差路に至り、左方へ進む。後、またもや 2差路となり、直進のイメージで左方へ。ここから先は、まいたけセンター方面を示す看板どおりに走る。やがて、センターを過ぎてからすぐのところを右に巻いていく感じで直進。この右巻き直進を間違えても、1分以内に行き止まる。


コメント

  1. 鶴亀猿 | URL | /OXjto1M

    もう、登っちゃいましたか。うらやましい限りです。
    私はまずは周遊道路からコツコツと…、
    そんなこと言ってないで、
    とっとと行ってこいって話ですね。ハハ。

  2. カズ | URL | -

     ここは 1発上っちゃいましょう! なんて、自転車以外の生活も大切ですものね。僕も、明日はシゴト事情にて、電車ツーキンです。

     風張林道経由の峠行きは、檜原街道・奥多摩周遊道路を使って上るより、特に前半部分、空が開けている感じがいいと思いました。
     ただ、風張林道は基本的に通行止めなので、人やクルマ、それに自転車も、現れることはとても稀なようです。ちなみに昨日は、工事のひとと、クルマ 1台とすれ違っただけでした。そんな状況なので、アクシデントが起きたら、ちょっと怖いなとも感じました。道の谷側はガードレールもないまま、切り立っているし。でも、裏を返せば、結構なまでに孤独と向き合いながら自転車に乗れる時間なわけで、それはとても素敵で。

     冬は、上りばかりかダウンヒルも辛いですね。けれど! 来週も風張林道を訪れようと思っています。 ← 日和らなければですが。はは。
     風張林道、しばらくは自分のブームになりそうです。

     鶴亀猿さんの高回転ぶりが、うらやましい !
     ではでは。 

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tokigakataru.blog64.fc2.com/tb.php/85-b287799d
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。